• Twitter
  • Facebook
  • MAIL
  • 閉じる

行きたい!

0行きたい!

幕府歩兵隊サバイバル

幕府歩兵隊サバイバル

  • 謎解き
  • いつでも
  • ファミリー向け
  • かんたん
エリア 愛知/安城市
場所 安城市歴史博物館/安祥文化のさとマップへ
住所 愛知県安城市安城町城堀番地
開催日

2018/11/24-2019/01/14
9:00~17:00 (受付は15:30まで)

価格

1キット100円
別途特別展観覧料(¥400/中学生以下無料)が必要
※グループでの参加可 景品は1キットにつき1つとなります

主催者 安祥文化のさと地域運営共同体
URL

オフィシャルサイト

イベント概要

時は幕末。
徳川幕府を守るために、幕府歩兵隊が作られました。
あなたは安城村の柳助とともに、幕府歩兵隊に選ばれました。
あなたと柳助はこれから訓練をつんで、強者どもとの戦いに向かいます。
無事、安城村に帰れるでしょうか。

-------------------------------------------

本イベントは安城市歴史博物館特別展「幕府崩壊-幕末維新を生きた地方の証言者たち-」関連なぞときとなります。

-------------------------------------------

主催者のコメント

特別展 幕府崩壊
-幕末維新を生きた地方の証言者たち-とは?

平成三十年は、明治元年(1868)から150年の節目の年にあたります。
幕末維新と言えば志士の活躍が注目されますが、時代の表舞台には登場しなくとも、激動の時代に生きた記録を後世に残した地方の人たちが存在しました。
安城市域にも二人の人物の記録が伝わっています。一人は幕府歩兵隊として水戸天狗党の乱追討、第二次長州征伐に従軍した安城村の農民柳助。もう一人は天狗党の乱をきっかけに水戸を追われた後、福島藩に登用され、維新後藩の転封とともに三河に移り住み、里村(市内里町)で私塾を開いた水戸出身の漢学者石川部平です。彼らはまぎれもなく時代をたくましく生き抜いた地方の証言者でした。
今回の特別展では、彼らの記録を中心に、幕末維新の世相や地域の混乱、幕府歩兵隊の動向などについて紹介していきます。

是非展示と併せてご覧ください!

投稿する